/ HOME / 特定商取引法 / 購入の流れ / 無料見積もり / チケット価格 / 会社概要

2007-2008年シーズン情報 

大会方式
欧州チャンピオンズリーグの2003-04シーズンから2次リーグが廃止され、ベスト16による勝ち抜き戦が復活しました。マイナーリーグの優勝クラブ、メジャーなリーグの3位以下のチームよって予備戦が3回戦にわたって行なわれ、最終の16チームに絞られます。加えてこれにシードされた強豪の16チームが加わり、合計32チームによる1次リーグが行われます。そしてこのリーグ戦を勝ち抜いた16チームがのノックアウト方式で優勝を争うことになります。

尚2007-2008シーズンから新しいルールが採用されます。準々決勝に進んだ8チームがシードなしの抽選で組合せが決まるのではなく、シードされた4クラブがノーシードの4クラブとの組み合わせとなるというものです。グループリーグで獲得したポイントによるランキングと決勝トーナメント1回戦(ベスト16)2試合の結果を考慮に入れて決定されるようです。より有利なシード権を巡って更にエキサイティングな試合が最後まで楽しめるようになりそうな新シーズンです。

チャンピオンズリーグ料金

2006-2007年シーズン結果

今季の全日程はコチラ→

●決勝の結果 マンチェスターユナイテッドが優勝 

遂にやってきた欧州チャンピオンズリーグ決勝。今季はモスクワのルジニキ・スタジアムで昨日5/21に行われました。史上初となったイングランド同士の対決で多くのファンがこの試合を楽しみにしていました。プレミアリーグの覇者マンチェスター・ユナイテッドは2冠を目指しての戦いです。試合はマンチェスターユナイテッドが前半26分にブラウンのセンタリングをCロナウドが頭でゴール左隅に決める絶妙のゴールで先制します。しかし雪辱に燃えるチェルシーも45分にランパードがこぼれ球をゴールし1-1の同点となります。後半に入り両チーム追加点を狙い攻防を繰り広げましたが無得点。延長戦も無得点となって決着はPKへもつれこみました。延長戦でドロクバが退場処分となったことが精神的な面でマイナスになったかもしれません。

PKではCロナウドが失敗チェルシーはあと1本で優勝まで行きますが5人目のジョン・テリーがポストに当ててしまいます。逆にマンチェスターユナイテッドはチェルシーの7人目ニコラス・アネルカのシュートをGKエドウィン・ファン・デル・サールが止め大手、最後はギグスが決めてPKを6-5で制して1998-99シーズン以来となる UEFAチャンピオンズリーグ優勝を決めました。

尚先発出場濃厚でアジア人初のチャンピオンズリーグ決勝へ出場ではと思われていた韓国代表パクチソン選手でしたが残念ながら出場機会はありませんでした。しかしこの決勝までの道のりで大きな貢献を果たしたパクチソン選手に大きな拍手を贈りたいと思います。

5/21欧州チャンピオンズリーグ決勝@Luzhniki Stadium(Moscow)
Manchester United 1 - 1(pk 6-5) Chelsea
得点
Cristiano Ronaldo (前半26分)
Lampard (前半45分)


●準決勝日程と結果 

準決勝第2戦
スコールズのゴールがマンチェスターユナイテッドをファイナルへ導きました。前半14分にスコールズが先制のゴールでマンチェスターがリードします。しかし両チームは好機を掴むものの無得点。この1点を守りきったマンチェスターが1-0でバルセロナを下し決勝へ進出しました。この結果決勝ではイングランド勢同士の対決が確定しモスクワではイングランドからのサポーターが大挙して押し寄せる見込みです。

そして準決勝の残り1試合が行われました。チェルシーが本拠地スタンフォードブリッジへリバプールを迎えました。試合は前半33分にドログバのゴールでチェルシーが先制しますがリバプールも後半19分にトーレスのゴールで同点とします。試合はこのまま決着がつかず1-1のまま延長へと入ります。延長前半8分、チェルシーはランパードがPKを決めて勝ち越し、15分にも再びドログバが追加点を決めリード。リバプールも延長27分にバベルのゴールで1点差に詰め寄りますがここまで。3-2でこの試合をチェルシーが制し2試合合計4-3としてクラブ史上初の決勝進出を決めました。イングランド勢同士が戦う初の決勝となり5月21日にモスクワで行われます。

4/29 Man. United 1-0 (1-0)Barcelona
4/30 Chelsea 3-2(4-3) Liverpool

準決勝第1戦
準決勝の第一戦が行われました。今季イングランドの3チームが出場を果たし熾烈な戦いを繰り広げます。その最初の試合はリバプール対チェルシーです。この試合満員で膨れ上がったアンフィールドでしたがリバプールは大きな勝利を目前にしましたがこれは叶いませんでした。両チームは先ずは様子を見ながらのゆっくりした展開で始まりました。先制したのは地元リバプールです。前半43分にカイトが決めて待望のゴールを割りました。巻き返しを図るチェルシーでしたが思うような攻撃をさせてくれません。後半途中からカルー、アルネカを投入しますが遂にゴールを割れずにロスタイムへと突入しました。そして後半50分ロスタイムも間のなく終わろうとした瞬間カルーが放ったクロスを防ごうとしたリバプールのリーセのボールが自陣のゴールに吸い込まれ屈辱のオウンゴールで同点。リーセがチェルシーに大きなプレゼントとなる1点を献上し1-1の引き分けとなりました。

カンプノウで行われたバルセロナ対マンチェスターユナイテッド戦は0-0のスコアレスドローとなりました。調子を落としているバルサでしたがホームで何とか勝ちたい一戦でした。メッシ、デコが先発今季限りとも噂されるエトー等が積極的なプレーをしますが得点には繋がりませんでした。一方マンチェスターユナイテッドは期待のCロナウドが前半2分に自身が得たPKをはずし先制の芽を摘む大きなミスでその後の流れを掴むことが出来ませんでした。準決勝第2戦は4/29-30に行われます。

4/22 Liverpool 1-1 Chelsea
4/23 Barcelona 0-0 Man. United


●準々決勝日程と結果 

準々決勝第2戦
第2戦も自信をもって臨んだジーコ監督でしたがチェルシーは前半4分にバラックのゴールで先制。その後は一進一退を繰り広げますが後半42分にランパードのだめ押しでフェネルバチェを突き放しチェルシーが2-0で相手を零封して勝利。2試合合計で3-2としたチェルシーが準決勝進出です。試合後ジーコ監督は無念さをにじませたようです。早い時間帯での失点で焦った攻撃陣が得点を急ぎ過ぎて不発。相手に余裕をもたせた結果の敗戦となりました。トルコのクラブとして初の4強入りを目指しましたが大健闘はしたもののここで力尽きました。続投が決まったジーコ監督に来季も大いに期待したいところです。

もう1試合の注目のイングランド勢同士の試合は前半13分にアーセナルのディアビのゴールで幕を開けました。しかしホームリバプールも30分にヒーピアのゴールで同点として折り返しました。後半に入って爆発したのはリバプールの攻撃陣でした。後半24分にフェルナンドトレスがゴール左から右足を振り抜いての素晴らしいシュートで逆転。その後もジェラードのPK、バベルのゴールで後半3点を追加。守っても相手の攻撃をアデバヨールの1点に押さえリバプールが4-2で勝利、2戦合計も5-3として準決勝へ進出です。この結果準決勝ではリバプール対チェルシーでの対戦が決定しました。イングランド勢強しです!

4/9に行われた試合では又もトッティの抜けたローマとの対戦となったマンチェスターですが余裕の試合運びで試合を進めるユナイテッドがテベスが後半25分に先制のゴール。この1点で十分とばかりに万全の体制でこれを守り1-0で勝利、2戦合計も3-0とし点差以上の快勝となった試合でした。ローマはやはりトッティの欠場が響きました。そしてトッティの後継者、デロッシが前半30分に得た貴重なPKのチャンスを痛恨のミスで得点機を逃しチャンスを生かせませんでした。逆にファーガソン監督はテベス、朴智星、ハーグリーブズの素晴らしいプレーを褒め讃え余裕の勝利に満足の様子でした。

そしてバルセロナはシャルケをホームに迎えての試合となりました。前半43分にボジャンのクロスを相手のクリアミスしたボールを今季加入のヤヤトゥーレがゴールして1点。これを守りきってシャルケを粉砕です。ただ怪我人も多く調子も上がらないバルサは特に前半シャルケの積極的なプレーに翻弄されクラニイ、アサモア等にチャンスを提供しました。サポーターも単調な試合に不満を表すブーイングで抗議。勝っても選手にとっては満足出来ない試合となりました。これで全てのベスト4が出そろいました。また組み合わせもリバプール対チェルシー、バルセロナ対マンチェスターユナイテッドで決定です。

4/08 Chelsea 2-0(3-2) Fenerbahce
4/08 Liverpool 4-2(5-3) Arsenal

4/09 Man. United 1-0(3-0) Roma
4/09 Barcelona 1-0(2-0) Schalke

準々決勝第1戦
マンチェスターユナイテッドはリーグ戦の好調をそのまま持ちこんでのローマ戦となりました。Cロナルドは前半39分に先制ゴールで0-1で折り返し、後半21分にはルーニーが追加点をあげ0-2で大きなアウェーでの1勝をものにしました。ローマはブチニッチが積極的にゴールを狙うも精度が低く相手DFファーディナンドがローマに攻撃陣にすきを与えませんでした。結局トッティの欠場が大きく響き思うようなサッカーをさせて貰えず無得点での敗戦となりました。次戦ではトッティの復帰とともに大逆転を狙うローマです。ユナイテッドはここのところ出番の少なかった韓国代表パクチソン選手が先発フル出場を果たしています。

このところの不協和音にけが人の続出と決して完璧ではないバルセロナでした。アウェーでの苦戦も予想されましたが前半12分にボーヤンクルキッチの先制点を死守し0-1でシャルケをくだし勝利です。心配されたエトーでしたは先発し後半途中まで出場しています。

4/02の試合ではジーコ監督率いるフェネルバチェがチェルシーを迎えました。2009年のUEFAカップ決勝会場にもなるイスタンブールのシュクリュサラチョールスタジアムは多くのサポーターと大きな声援に包まれました。しかしこの試合で先制したのはチェルシーでした。前半13分にフェネルバチェのデイビッジのオウンゴールで1点を先取します。しかし0-1で折り返した後半にフェネルバチェの攻撃が爆発します。後半20分に途中出場のカズムカズムがマルコアウレリオからのパスをゴールし同点に追いつきます。後半36分にはオウンゴールを献上したデイビッジが30メートルのロングシュートを豪快に決めて逆転。試合はこのまま終了し2-1の逆転でフェネルバチェが先勝です。

最も注目されたのがイングランド勢同士のアーセナル対リバプールの試合でした。23分にアーセナルはアデバヨールのゴールで先制しますがその3分後にリバプールもカイトのゴールで同点とします。一進一退を繰り広げた両チームでしたがその後の得点はなく1-1の引き分けで終わりました。

4/01 Roma 0-2 Man. United
4/01 Schalke 0-1 Barcelona

4/02 Fenerbahce 2-1 Chelsea
4/02 Arsenal 1-1 Liverpool

●準々決勝、準決勝の組み合わせ抽選 

欧州チャンピオンズリーグ準々決勝への最後の枠をリバプールが射止めました。そして準々決勝、準決勝そしてUEFAカップの組み合わせ抽選が3月14日にスイスのニヨンで行われました。

今季イングランド4クラブが準々決勝を残るという快挙を成し遂げました。そのイングランド勢同士の対決、最も注目を集めるのはアーセナルとリバプールの対戦でしょうか。第1戦はエミレーツスタジアムで激突です。そしてこちらも好カードとなったローマ対マンチェスターユナイテッド戦です。素晴らしい試合を期待したいものです。イングランド勢最後の試合はジーコ監督率いるフェネルバフチェ対チェルシーです。くじ運にも恵まれ比較的順調に勝ち進んだチェルシーがまたもトルコの強豪を粉砕するのでしょうか。そして優勝にも十分手が届くバルセロナはシャルケとの対戦となりました。欧州チャンピオンズリーグ準々決勝の初戦は4月1日に行われます。

<欧州チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ>
第1戦:4月1-2日、第2戦:4月8-9日
(1)アーセナル vs リバプール
(2)ASローマ(イタリア)vs マンチェスターUTD
(3)シャルケ04 vs バルセロナ
(4)フェネルバフチェvs チェルシー

<欧州チャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせ>
第1戦:4月22-23日、第2戦:4月29-30日
(1)の勝者リバプール vs (4)の勝者チェルシー
(3)の勝者 バルセロナvs (2)の勝者マンチェスターUTD


●2007-2008欧州チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦日程と結果 

1回戦第2戦3/04-05-11

調子が下降気味のバルサでしたが前半3分にヒャビがいきなりゴールを決め先制。これでほぼ勝利が決まった感の出たバルサはセルティックの攻撃を封じて1-0で勝利です。バルサはデコが復帰、メッシも先発させる万全の態勢での勝利となりました。そして思わぬ完敗を喫したのがミランでした。ホームの試合でしたが前半を0-0で折り返し後半になっても好機をつぶされます。逆にアーセナルはファブレガスが後半39分に待望の先制点。終了間際のロスタイムにもアデバヨルがゴールを決めアーセナルが勝利です。マンチェスターは前半Cロナウドが決めたゴールを守って1-0の勝利です。

壮絶な試合となったのはセビージャとフェネルバフチェです。3-2で終了した試合は2試合合計5-5で決着がつかず延長へ突入しましたが決着がつかずPKへ。これを3-2で制したフェネルバフチェが1回戦を突破です。

3/5の試合でもやはりイングランド勢は強かった。チェルシーはオリンピアコスを迎えての試合でバラックが開始5分で先制ゴール。ランパードの追加点で前半2-0としました。後半にも開始早々にもカルーがだめ押しの1点を決めて3-0の快勝です。思わぬ敗退となったのがレアルマドリッドです。後半先制を許し何とかラウルのゴールで追い付くも最後はヴィチニッチのゴールで1-2としローマがアウェーでの勝利をものにして2試合合計4-2で突破です。又ポルト対シャルケですが昨日のセビージャ対フェネルバフチェ戦に続き引き分け延長の末PKへ突入しました。これをシャルケが4-1と制して勝利です。

欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の最後の枠をリバプールが射止めました。後半19分にフェルナンドトーレスが決めたゴールが決勝点となり2試合合計でも零封し3-0でリバプールがベスト8となりました。

3/04 AC Milan 0-2(0-2) Arsenal
3/04 Sevilla 3-2(5-5 PK2-3) Fenerbahce
3/04 Manchester United 1-0(2-1) Lyon
3/04 Barcelona 1-0(4-2) Celtic

3/05 Porto 1-0(1-1 PK1-4) Schalke
3/05 Real Madrid 1-2(2-4) Roma
3/05 Chelsea 3-0(3-0) Olympiakos

3/11 Inter Milano 0-1(0-3) Liverpool

1回戦第1戦2/19-20

FAカップ5回戦での敗退等ここのところ調子の上がらないリバプールでしたがホームに強豪インテルを迎えての試合では前半0-0で折り返します。後半に入っても得点のあげられない両チームでしたが40分にカイトが先制のゴール。そして終了間際の45分にはジェラードが追加点をあげリバプールが2-0で先勝です。シャルケはポルトを迎えての試合でした。クラニイが前半4分に決めたゴールを死守し1-0で勝利です。ローマは今季好調のレアルマドリッドを迎えました。先制したのはレアルマドリッドです。ラウルが前半8分にゴールを決めます。ローマも24分にピサロが同点のゴールを決め1-1で前半を終えました。後半に入り13分にマンチーニがゴールを決め遂にローマが逆転。何とか同点にしたいレアルはドレンテ、パブティスタを投入しますが試合はそのまま2-1でローマが逆転勝利をおさめました。

2/19 Schalke 1-0 Porto
2/19 Roma 2-1 Real Madrid
2/19 Olympiakos 0-0 Chelsea
2/19 Liverpool 2-0 Inter Milan

グラスゴーでの試合は前半16分にフェネゴールの得点で先制したセルティックでした。ホームでの強さは折り紙付きでした。バルサはその2分後にメッシのゴールで同点とします。前半38分にロブソンのゴールで再びセルティックはリードして前半を終了しました。後半に入り7分にバルサはアンリのゴールで同点に追い付くと34分再びメッシが貴重なゴールで遂に逆転。アウェーでの勝利で大きく準々決勝へ近付いたバルサです。フランスでの試合はリヨンが先制するもマンチェスターユナイテッドがテベスのゴールでアウェーでの貴重な1点を取って引き分けへもちこんでいます。フェネルバフチェは常に試合をリードし3-2でセビージャを下して先勝です。

2/20 Celtic 2-3 Barcelona
2/20 Lyon 1-1 Manchester United
2/20 Arsenal 0-0 AC Milan
2/20 Fenerbahce 3-2 Sevilla


●2007-2008欧州チャンピオンズリーグ グループステージの結果 

欧州チャンピオンズリーグ1次リーグの全日程が終了しました。各組2位までが決勝トーナメント進出。各3位がUEFAカップへ回ります。決勝トーナメントの組み合わせ抽選は12月21日に行われます。

グループA

Porto (11)
Liverpool(10)

Marseille (7)
Besiktas(6)
グループ B

Chelsea(12)
Schalke(8)
Rosenborg(7)
Valencia(5)
グループC

Real Madrid(11)
Olympiacos(11)

Bremen(6)
Lazio(5)
グループD

Milan (13)
Celtic (9)
Benfica (7)
Shakhtar(6)

グループ E

Barcelona(14)
Lyon(10)
Rangers(7)
Stuttgart(3)

グループF

Man. United(16)
Roma(11)

Sporting(7)
Dynamo Kyiv(0)
グループ G

Internazionale(15)
Fenerbahce(11)
PSV(7)
CSKA Moskva(1)
グループ H

Sevilla (15)
Arsenal (13)

Slavia(5)
Steaua(1)

決勝トーナメント組み合わせ抽選の結果

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が2007年12月21日に行われました。先ず決勝Tへ何とか進出したセルティックは優勝候補バルセロナとの対戦が決まりました。怪我でリハビリ中の中村俊輔選手の復帰が待ち遠しいところです。そして前回王者のミランは今季若手の成長で伸び盛りのアーセナルとの対戦。その他イングランドではリバプールがインテルと。チェルシーはギリシャのオリンピアコスとの対戦です。マンチェスターユナイテッドは今季元気のないリヨンとの対戦ですが息を吹き返しつつあるリヨンに油断は出来ません。そしてジーコ元日本代表監督率いるトルコのフェネルバフチェはセビージャと対戦します。第1戦は2/19-20にキックオフとなります。

第6節12/04,12/11-12日程と結果

今節はミランがクラブワールドカップのためグループDのみが前倒しでの変則日程で開催されました。中村俊輔選手の怪我で日本のファンにとっては若干興味が薄れてしまった組み合わせですがミランが首位突破を目指し気合いの入った試合となりました。そのミランは前半を0-0で折り返します。後半に入てもなかなか得点のあげられないホームのミランでしたが25分にインザーギがゴールを決めこれが決勝点となり1-0で勝利、首位突破となりました。インザーギはこのゴールが記念すべき欧州カップ戦通算63得点となり歴代最多記録を塗り替えました。自力突破のなくなったセルティックでしたがシャフタルドネツクがホームでまさかの敗戦を喫したためなんとか16強へ駒を進めました。

そして12/11-12に残りの試合が行われています。今回この取材でロンドンへ行っておりました。2試合を観戦。チェルシーとアーセナル戦を見て参りました。そのチェルシーは短期政権と想像されたグラント監督でしたがその後まずまずの方向性を示したことで4年契約を更新しました。試合ではバレンシア戦を特にミスもなく戦い0-0の引き分けです。リバプールは敵地マルセイユで0-4の快勝で決勝トーナメント進出です。前半4分にジェラードの先制。トーレス、カイト、バベルが決め4得点で圧勝。敗退もちらついたリバプールでしたが結果的になんとか16強入りです。アーセナルは前半2点を先取。後半の反撃を1点に押さえ勝利。イングランド勢の強さを見せつけました。ともに決勝Tへ進出を既に決めていましたが場外の乱闘で怪我人も出た因縁の対決、ローマでのマンチェスター戦でしたが試合は1-1で引き分けとなっています。

12/04 Milan 1-0 Celtic
12/04 Shakhtar 1-2 Benfica
*ACミランクラブワールドカップ参加のため変則開催

12/11 Marseille 0-4 Liverpool
12/11 Porto 2-0 Besiktas
12/11 Chelsea 0-0 Valencia
12/11 Schalke 3-1 Rosenborg
12/11 Real Madrid 3-1 Lazio
12/11 Olympiacos 3-0 Bremen

12/12 Rangers 0-3 Lyon
12/12 Barcelona 3-1 Stuttgart
12/12 Roma 1-1 Man. United
12/12 Sporting 3-0 Dynamo Kyiv
12/12 PSV 0-1 Internazionale
12/12 Fenerbahce 3-1 CSKA Moskva
12/12 Arsenal 2-1 Steaua
12/12 Slavia 0-3 Sevilla

----------------------------------------------------------

第5節11/27-28日程と結果

前節で引き分けやや勢いが止まったアーセナルでしたが1次リーグを突破しました。今節はセビージャとの試合でしたが3-1の完敗となり完全に小休止となっています。セビージャはこの勝利で1次リーグを突破です。バルセロナはリヨンとの対戦を引き分け1次リーグ突破を決めました。不調のリヨンでしたが勝ち点1を獲得して16強へ前進です。逆に好調だったレンジャーは完全にブレーキです。今季も好調なのはマンチェスターユナイテッドです。何と破竹の5連勝で独走です。フェネルバチェはインテル戦に勝利して16強入りを狙いましたが完敗で最終節に望みをかけます。復調してきたPSVとの争いです。

完全に復調したリバプールはトーレスの2点、ジェラード、クラウチのゴールの合計4点を奪ってポルトを粉砕しました。当初好調だったマルセイユでしたがここへ来てブレーキ。ベシュクタシュに2-1で負けました。この結果大混戦となっているグループAは最終戦での結果いかんでどのクラブも16強への道が開かれています。そして前半で勝負を決めたのがチェルシーです。ノルウェーでのローゼンボリ戦では7分の先制、20分の追加点を奪ったドログバ。アレックスのゴールもあり前半で0-3とします。後半はJコールの追加点で4点を奪い固い守りで反撃を0点に押さえました。これでチェルシーは16強入りです。不覚をとったのがグループCのレアルマドリッドでした。ブレーメンでの試合を3-2で落としこちらも大混戦となっています。中村俊輔選手が怪我で欠場したセルティックもホームで力を発揮してシャフタルドネツクに2-1で勝利です。

11/27 Stuttgart 3-2 Rangers
11/27 Lyon 2-2 Barcelona
11/27 Dynamo Kyiv 1-4 Roma
11/27 Man. United 2-1 Sporting
11/27 CSKA Moskva 0-1 PSV
11/27 Internazionale 3-0 Fenerbahce
11/27 Sevilla 3-1 Arsenal
11/27 Steaua 1-1 Slavia

11/28 Besiktas 2-1 Marseille
11/28 Liverpool 4-1 Porto
11/28 Rosenborg 0-4 Chelsea
11/28 Valencia 0-0 Schalke
11/28 Bremen 3-2 Real Madrid
11/28 Lazio 1-2 Olympiacos
11/28 Benfica 1-1 Milan
11/28 Celtic 2-1 Shakhtar

-------------------------------------------

第4節11/06-07日程と結果

得意のカップ戦でまさかの未勝利のリバプールです。決勝トーナメントへ進むには4節では勝利が必須でした。しかしリバプールはここまでの不調が嘘のようでした。ベシュクタシュ相手に何と大量8点。クラウチ、ジェラードのゴール、バベルの2ゴール。そして今季加入のイスラエル代表のベナユンがハットトリックを決めチームに初勝利をもたらしました。ラツィオはエースロッキが2得点でブレーメンの反撃を1点に押さえ勝利です。そしてB組で大健闘SHぎているのがノルウェーのローゼンボリです。ノルウェー代表のステファンイベルセンの2ゴールでホームのバレンシアを圧倒しての勝利です。セルティックはホームにベンフィカを迎えての試合をマクギーディーの1点を死守して勝利です。

マンチェスターユナイテッドが4連勝で決勝トーナメント1回戦進出を決めました。ピケのゴールで先制しテベスの追加点で2-0で折り返したユナイテッドは後半にはルー二ー、cロナウドの2ゴールで圧倒し4-0でキエフを0封し4連勝。勝ち点12としてベスト16進出一番乗りです。同じく4連勝を狙った好調アーセナルでした。プラハでの試合は不本意なものでした。スラビアの守備に阻まれて得点をあげられずスコアレスドローとなっています。しかし勝ち点1を獲得し10としました。残り試合連敗し現在3位のスラビアが連勝して勝ち点に並んでもアーセナルは直接対決を1勝1分けとしているため2位以上が確定しグループリーグ突破となりました。

11/06 Liverpool 8-0 Besiktas  <<<この試合をYou Tubeで見る
11/06 Porto 2-1 Marseille
11/06 Valencia 0-2 Rosenborg
11/06 Schalke 0-0 Chelsea  
11/06 Lazio 2-1 Bremen
11/06 Olympiacos 0-0 Real Madrid  
11/06 Celtic 1-0 Benfica
11/06 Shakhtar 0-3 Milan

11/07 Lyon 4-2 Stuttgart
11/07 Barcelona 2-0 Rangers  
11/07 Man. United 4-0 Dynamo Kyiv
11/07 Sporting 2-2 Roma
11/07 Internazionale 4-2 CSKA Moskva
11/07 Fenerbahce 2-0 PSV
11/07 Steaua 0-2 Sevilla
11/07 Slavia 0-0 Arsenal

-------------------------------------------

第3節10/23-24日程と結果

今季のイングランド勢は本当に強い!マンチェスターユナイテッドはAWAYキエフでの試合で2-4と勝利し3連勝を飾りました。先制したのはユナイテッドでした。前半10分にファーディナンドのゴールで先ず1点。18分にもルー二ーのゴールで2-0とします。キエフもリンコンのゴールで1点を返しますが41分にCロナウドのゴールで3-1として前半を折り返します。しかし後半もユナイテッドペースでした。後半23分にペナルティーゴールで1点を追加して4-1。33分に1点を返しますが2-4でマンチェスターユナイテッドが3連勝をあげました。更に素晴らしい試合をしたはアーセナルでした。エミレーツスタジアムの6万人の観衆を魅了しました。アーセナルは前半5分にファブレガスのゴールで先制するとウオルコットの2点やファブレガスの追加点を含めて何と大量7点をあげスラビアに快勝です。その他の試合では今季絶不調のリヨンがスツッガルトで勝利をあげやっと1勝をものにしました。バルサはレンジャースと引き分けです。

PSVのアッドが欧州サッカー連盟から4試合出場停止処分を受けました。フェネルバフチェとの試合中セミフに肘鉄をくらって怒ったアッドが相手の顔面につばを吐いた事による制裁です。試合後にUEFAはこれをビデオで確認しアッドに対して厳しい処分を決めたものです。この模様をYou Tubeで見ることが可能です。

日本のファン期待のベンフィカとセルティックの一戦でしたがセルティックはまたもAWAYで勝てず1-0で敗れました。今季イングランド勢で唯一調子が上がらないのがリバプールです。初戦に引き分けた後に2連敗と敗退の危機となっています。各新聞のインターネット版でもジェラード選手のうなだれた写真が掲載されファンにとってもやきもきしていることでしょう。逆に大金星のベシュクタシュは勝ち点を手中にし意気が上がります。今後のリバプールの調子次第で混沌としそうなグループAです。

チェルシーは監督交代もあって注目をされていますが順当に勝利しました。モウリーニョ交代以降に移籍を口にしたドロクバ選手の活躍もありましたが今後の動向に注目です。大勝したのはレアルマドリッドとミランでした。レアルはオリンピアコスと対戦しラウルの先制のほかにロビーニョの2ゴールを含め合計4点、相手の攻撃を0封し4-0の快勝です。ミランはシャフタルドネツクと対戦しましたがセードルフ、ジラルディーノが各2点づつの合計4点を取り快勝しました。

10/23 Stuttgart 0-2 Lyon
10/23 Rangers 0-0 Barcelona  <<<この試合をYou Tubeで見る
10/23 Dynamo Kyiv 2-4 Man. United  <<<この試合をYou Tubeで見る
10/23 Roma 2-1 Sporting  <<<この試合をYou Tubeで見る
10/23 CSKA Moskva 1-2 Internazionale  <<<この試合をYou Tubeで見る
10/23 PSV 0-0 Fenerbahce
10/23 Sevilla 2-1 Steaua
10/23 Arsenal 7-0 Slavia

10/24 Besiktas 2-1 Liverpool
10/24 Marseille 1-1 Porto  <<<この試合をYou Tubeで見る
10/24 Rosenborg 2-0 Valencia  <<<この試合をYou Tubeで見る
10/24 Chelsea 2-0 Schalke
10/24 Bremen 2-1 Lazio  <<<この試合をYou Tubeで見る
10/24 Real Madrid 4-2 Olympiacos
10/24 Benfica 1-0 Celtic
10/24 Milan 4-1 Shakhtar

----------------------------------------------------------

第2節10/02-03開催分日程と結果

バルセロナはドイツでのシュツットガルト戦を行いプジョルのゴールで先制、メッシの追加点でバルサが0-2で快勝しました。怪我で心配されたロナウジーニョは先発し後半途中まで出場しました。バルサは連勝です。番狂わせはレンジャーズでしょうか。フランスでのリヨン戦を0-3で快勝し2連勝です。その他マンチェスターユナイテッドはルーニーのゴールでローマを下してこちらも連勝。アーセナルもステアウアブカレストを下して連勝。ここまでビッグクラブが順調に勝ち点を伸ばしています。

マルセイユが敵地でリバプールを敗り連勝です。この日リバプールは開始早々から積極的に攻めますが得点を上げれません。マルセイユは後半32分に少ない好機よりバルブエナがゴールを決め先制。これが決勝点となり連勝です。リバプールは1節を引き分け、ホームでの2節で黒星と勝利が遠くなっています。監督の交代で危機感溢れるチェルシーでしたがバレンシアに先制されるもコール、ドロクバのゴールで逆転勝ちしました。セルティックは王者ミランとの試合は後半18分にマクマナスが先制ゴール。しかし5分後にカカにPKを決められ同点とされますが終了間際にマクドナルドがゴールを決めこれが決勝となりセルティックが大きな1勝を上げました。ローマでのラツィオ対レアルマドリッドはラツィオがバンデフの2点、レアルはファン二ステルロイの2点で譲らず2-2の引き分けです。

10/02 Lyon 0-3 Rangers
10/02 Stuttgart 0-2 Barcelona
10/02 Man. United 1-0 Roma
10/02 Dynamo Kyiv 1-2 Sporting
10/02 Internazionale 2-0 PSV
10/02 CSKA Moskva 2-2 Fenerbahce
10/02 Steaua 0-1 Arsenal
10/02 Sevilla 4-2 Slavia

10/03 Liverpool 0-1 Marseille
10/03 Besiktas 0-1 Porto
10/03 Valencia 1-2 Chelsea
10/03 Rosenborg 0-2 Schalke
10/03 Lazio 2-2 Real Madrid
10/03 Bremen 1-3 Olympiacos
10/03 Celtic 2-1 Milan
10/03 Benfica 0-1 Shakhtar

----------------------------------------------------------

第1節9/18-19日程と結果

セルティックはウクライナに乗り込んでの初戦でしたがシャフタルドネツクに2-0の完敗。開始早々に2点を奪われる展開になす術もなく敗れました。シャフタルドネツクはブラジル出身のブランドンが先制ゴール、イタリア代表ルカレッリが追加点を決めて快勝です。チェルシーのモウリーニョ監督のイライラも頂点に達したようです。ローゼンボリとのホームでの初戦。楽勝と思われた試合で先制したのはローゼンボリでした。元フィンランド代表のコッピネンが前半24分にゴールを決めます。チェルシーは何度も好機をつかみますがどうしても同点とすることが出来ず0-1で前半を折り返しました。後半に入り8分にやっとシェフチェンコのゴールで同点に追い付いたチェルシーでしたがこのまま試合は同点で終了です。この日のイングランド勢には勢いがありません。リバプールはポルトに乗り込んでの試合。前半ペナルティーをルイスゴンザレスに決められ先制を奪われます。前半17分にカイトのゴールで同点にしましたがその後両チーム無得点で引き分けです。昨季覇者のミランはホームでのベンフィカ戦を勝って白星スタートです。

バルセロナのホームで行われたリヨン戦。ここ数年のリヨンの強さを考えればこの日は脆かったかもしれません。先ず前半にオウンゴールで相手に先制点を献上。後半にはメッシに追加点。ロスタイムにはアンリにもだめ押し点を取られ3-0。反撃も無得点でバルサに3-0の完敗です。リーグ戦の好調さを欧州CLでも発揮したのはローマです。前半9分にペッロッタのゴールで先制、後半にもトッティーの追加点でディナモキエフを突き放して快勝です。イングランド勢も好調です。マンチェスターUTDはCロナウドのゴールを守りきってアウェイーでの貴重な勝利です。アーセナルはセビージャとの試合を3-0の完勝です。ファブレガス、ファンペルシ、今季加入のエデュアルドダシルバが決めての勝利でした。ロベカルの加入で期待されるジーコ監督率いるフェネルバフチェはデイビッジのゴールを守ってインテルに先勝です。

9/18開催分結果
9/18 Marseille 2-0 Besiktas
9/18 Porto 1-1 Liverpool
9/18 Chelsea 1-1 Rosenborg
9/18 Schalke 0-1 Valencia
9/18 Real Madrid 2-1 Bremen
9/18 Olympiacos 1-1 Lazio
9/18 Milan 2-1 Benfica
9/18 Shakhtar 2-0 Celtic

9/19開催分結果
9/19 Rangers 2-1 Stuttgart
9/19 Barcelona 3-0 Lyon
9/19 Roma 2-0 Dynamo Kyiv
9/19 Sporting 0-1 Man. United
9/19 PSV 2-1 CSKA Moskva
9/19 Fenerbahce 1-0 Internazionale
9/19 Arsenal 3-0 Sevilla
9/19 Slavia 2-1 Steaua


●2007-2008欧州チャンピオンズリーグ 予選3回戦日程と結果 

リバプールが今年もグループステージへの進出を決めました。決して楽ではないと思われたトゥールーズとの最終予選でしたがアンフィールドでの第2戦では4-0の快勝。合計5-0としグループステージ進出を決めました。ジェラード、ギャラがーが不在のなか先制ゴールを決めたのはクラウチ選手でした。前半19分に豪快な一発を決めるとチームの勢いも急上昇。後半に入って4分にヒーピアのの追加点で2-0。そしてカイトがこの後2得点を加える活躍で4-0と快勝しました。

そして8/29に行われた試合ではアヤックスが伏兵スラビアに2-1で敗れ合計でも3-1とされて予選で敗退する波乱です。そして今季欧州CL本戦出場を目指したザルツブルクでしたがウクライナの強豪シャフタルドネツクの前に一歩及ばず敗退です。セルティックはスパルタクモスクワとの死闘をPKで決着をつけました。この試合1-1のまま終了。合計でも2-2となったためPKへ突入。何とかこれをものにしてグループステージ進出を決めたのはセルティックでした。スコットランドリーグからはレンジャースとともに本戦へ出場を果たしました。その他アーセナル、ベンフィカ、ブレーメン、フェネルバフチェ等が順当に予選を突破です。

第2戦(8/28-29)
8/28 Dinamo Bucuresti 1-3(2-4) Lazio
8/28 Liverpool 4-0(5-0) Toulouse
8/28 Crvena Zvezda(Red Star) 0-0(0-1) Rangers

8/28 AEK 1-4(1-6) Sevilla
セビージャのアントニオ・プエルタ選手が試合中に倒れ死亡しました。UEFAはこれに伴い8月28日に予定されていたチャンピオンズリーグ予選3回戦第2戦のAEKアテネ対セビージャの試合を正式に延期し9月3日21時45分キックオフとしました。そして行われた試合でしたがセビージャが1-4で快勝。2試合合計でも1-6と大勝しセビージャがグループリーグへの進出を決めました。

8/29 Besiktas 2-0(3-1) Zurich
8/29 Elfsborg 1-2(1-5) Valencia
8/29 Kobenhavn 0-1(1-3) Benfica
8/29 Arsenal 3-0(5-0) Sparta
8/29 Steaua 2-0(4-2) BATE
8/29 Rosenborg 2-0(5-0) Tampere
8/29 Celtic 1-1(2-2/pk=4-3) Spartak Moskva
8/29 Dinamo Zagreb 2-3(3-5) Bremen
8/29 Shakhtar 3-1(3-2) Salzburg
8/29 Slavia 2-1(3-1) Ajax
8/29 Dynamo Kyiv3-0(4-0) Sarajevo
8/29 Anderlecht 0-2(0-3) Fenerbahce

第1戦(8/14-15)の結果

8/14に最終予選が開幕しました。バレンシアは スウェーデンのエルフスボリとの対戦。前半6分に主導権を握る先制ゴールを決めたのがビセンテロドリゲス。そして58分にシルバ、70分にモリエンテスが追加点を上げ3-0の快勝です。ベンフィカはホームにコペンハーゲンを迎えた試合でルイコスタの活躍で2-1の勝利で先勝です。この試合で米国MLSよりベンフィカへ移籍したアドゥーがデビューを果たしています。

8月はかなり暑い今年の欧州の気候ですが15日に残りの試合が行われています。リバプールはフランスに乗り込んでの試合トゥールーズとの一戦に臨みました。この試合43分にリバプールはバロニンのゴールで先制しこれを死守して初戦を勝利しています。アーセナルも強豪スパルタプラハとのAWAYでの対戦。しかしファブレガス、フレブのゴールで0-2の快勝です。そしてセルティックは前半21分にマクドナルドのクロスをハートレーが豪快に決めて先制しました。しかしホームのスパルタクモスクワはその21分後に同点としそのまま引き分けとなっています。ザルツブルクはウクライナの強豪シャフタル・ドネツクと対戦。宮本恒靖選手はセンターバックでフル出場しました。三都主選手はベンチ入りも出場しませんでした。試合は1-0でザルツブルクが先勝です。その他ブレーメン、セビージャ等が先勝しました。

ラツィオサポーターへの処分を検討
ラツィオ対ディナモブカレスト戦でディナモブカレストのサポーター5名が負傷したようです。これは試合中のものではなくスタジアム以外で起こった事で現在イタリア政府や警察が調査に乗り出す方針です。これとは別に試合中にラツィオの一部のサポーターが人種差別的なコールを叫んだ事に対しUEFAは調査を開始し処分を下す見込みのようです。人種差別的な発言やコールには厳しく対処する方針のUEFAはラツィオに対し場合によっては大会追放や無観客試合等の非常に厳しい対応となる場合も想定されています。暴力、差別に対し今後も厳しい態度で臨むUEFAにエールを贈りたいものです。

8/14 Lazio 1-1 Dinamo Bucuresti
8/14 Valencia 3-0 Elfsborg
8/14 Rangers 1-0 Crvena Zvezda(Red Star)
8/14 Benfica 2-1 Kobenhavn  <<<この試合をYou Tubeで見る

8/15 Zurich 1-1 Besiktas  <<<この試合をYou Tubeで見る
8/15 Toulouse 0-1 Liverpool  <<<この試合をYou Tubeで見る
8/15 Sevilla 2-0 AEK
8/15 Sparta 0-2 Arsenal  <<<この試合をYou Tubeで見る
8/15 BATE 2-2 Steaua
8/15 Tampere 0-3 Rosenborg
8/15 Spartak Moskva 1-1 Celtic  <<<この試合をYou Tubeで見る
8/15 Bremen 2-1 Dinamo Zagreb
8/15 Salzburg 1-0 Shakhtar  <<<この試合をYou Tubeで見る
8/15 Ajax 0-1 Slavia  <<<この試合をYou Tubeで見る
8/15 Sarajevo 0-1 Dynamo Kyiv
8/15 Fenerbahce 1-0 Anderlecht <<<この試合をYou Tubeで見る


●2007-2008欧州チャンピオンズリーグ 予選3回戦組み合わせの確定 

UEFAは8月3日12時にスイスのニヨンで欧州チャンピオンズリーグ最終予選の組み合わせ抽選を行いました。予選2回戦も終了し以下のように全ての組み合わせが正式に決定しました。昨季準優勝のリバプールはフランスのトゥールーズとの対戦となりました。アーセナルはスパルタプラハとの対戦です。セリエAのラツィオはディナモブカレストと、ブレーメンはドムジャーレ/ザグレブの勝者との対戦となります。中村俊輔選手が所属するセルティックですがスパルタクモスクワとの対戦となりました。宮本、三都主両選手のいるザルツブルク(オーストリア)は2次予選を突破しシャフタルドネツクとの対戦となりました。

予選3回戦第1戦: 8月14日-15日
予選3回戦第2戦: 8月28日-29日

BATE(ベラルーシ) 対 ステアウア(ルーマニア)
タンペレ(フィンランド)  対 ローゼンボリ(ノルウェー)
FCスパルタク・モスクワ(ロシア) 対  セルティックFC(スコットランド)
ベルダー・ブレーメン(ドイツ)  対  ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
ザルツブルク(オーストリア) 対 シャフタルドネツク(ウクライナ)
アヤックス(オランダ) 対 ジリナ(スロバキア)
バレンシア(スペイン)  対  エルフスボリ(スウェーデン)
サラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 対 ディナモキエフ(ウクライナ) 
フェネルバフチェ(トルコ) 対 アンデルレヒト(ベルギー)  
レンジャーズ(スコットランド) 対 レッドスターベオグラード(セルビア)
トゥールーズFC(フランス) 対 リバプールFC(イングランド) 
ベンフィカ(ポルトガル)  対  FCコペンハーゲン(デンマーク)
S.S.ラツィオ(イタリア)  対 ディナモブカレスト(ルーマニア)
スパルタ・プラハ(チェコ) 対 アーセナル(イングランド)   
FCチューリヒ(スイス) 対 ベシクタシュ(トルコ)
セビージャFC(スペイン)  対 AEKアテネ(ギリシャ)  


●2007-2008欧州チャンピオンズリーグ 予選2回戦の日程と結果 

第1戦の日程

予選2回戦が第一戦が行われました。宮本、三都主両選手がが所属しているレッドブル・ザルツブルクが今季の欧州チャンピオンズリーグに初登場しアウエーながらラトビアのベンツピルスに0-3で勝利しました。シャフタールドネツクはアルメニアのピュニックに貫禄の0-2で勝利、レッドスターはエストニアのレバディアに1-0の勝利。ディナモザグレブ、ベシクタシュ等も第一戦に勝ち先勝しました。

7/31 Pyunik0-2 Shakhtar
7/31 Rangers 2-0 Zeta <<<この試合をYou Tubeで見る
7/31 Debrecen 0-1 Elfsborg
7/31 Zaglebie 0-1 Steaua
7/31 Genk 1-2 Sarajevo
7/31 Kobenhavn 1-0 Beitar Jerusalem
7/31 Tampere 1-0 Levski

8/01 Crvena Zvezda 1-0 Levadia
8/01 Ventspils 0-3 Salzburg
8/01 Astana 1-3 Rosenborg
8/01 Hafnarfjordur 1-3 BATE
8/01 Zilina 0-0 Slavia
8/01 DomZale 1-2 Dinamo Zagreb
8/01 Besiktas 1-0 Sheriff

第2戦の日程と結果

FCコペンハーゲンはベイタル・エルサレムと対戦し1-1で延長へ突入。その前半7分に大ベテランマルクス・アルベックが決勝ゴールを決め勝利です。3回戦でブレーメンとの対戦を掴んだのはディナモザグレブでした。ブコエビッチ、ショコタ等のゴールでリードし3-1の快勝でした。そして日本人プレーヤーも在籍し注目を集めるザルツブルクは4-0の大勝でベンツピルスを下して2回戦を突破、3回戦へ進出しました。念願のグループリーグ進出をかけて強豪シャフタルドネツクとの対戦となります。トルコもベシュクタシュもシェリフを余裕で下して3回戦へ進出です。その他ステアウア、レッドスター等が順当に3回戦進出を決めています。

8/07 Zeta 0-1(0-3) Rangers <<<この模様をYouTubeで見る
8/07 Beitar Jerusalem 1-1延長(1-2) Kobenhavn
8/07 Levski 0-1(0-2) Tampere
8/07 Dinamo Zagreb 3-1(5-2) Domzale

8/08 Shakhtar 2-1(4-1) Pyunik
8/08 Levadia 2-1(2-2ag) Crvena Zvezda(Red star) <<<この模様をYouTubeで見る
8/08 Elfsborg 0-0(1-0) Debrecen
8/08 Steaua 2-1(3-1) Zaglebie
8/08 Sarajevo 0-1(2-2ag) Genk
8/08 Zalzburg 4-0(7-0) Ventspils
8/08 Rosenborg 7-1(10-2) Astana <<<この模様をYouTubeで見る
8/08 Bate 1-1(4-2) Hafnarfjordur
8/08 Slavia 0-0(0-0ag) Zilina
8/08 Sheriff 0-3(0-4) Besiktas  <<<この模様をYouTubeで見る


●2007-2008 チャンピオンズリーグ開幕! 予選1回戦の日程と結果 

いよいよ2007-2008シーズンが開幕しました。17-18日の両日で予選1回戦第1戦の14試合が行われました。この段階ではまだまだ馴染みのないクラブが多いのですが2回戦、3回戦と進むにつれ徐々にビッグクラブの数も多くなってきます。9月のグループリーグ出場を目指して中小のクラブの奮闘を観戦するのもこの時期の楽しみの一つだと思います。UEFAのプラティニ会長ももっと多くの中小のクラブやリーグに欧州CLへの門戸を開きたいと語っています。日程や予算、ビッグクラブの反発もあって難しい問題も山積しているようですが更に発展するためにもチャンピオンズリーグの活性化も不可欠なことでしょう。

さて1回戦第2戦が終了し2回戦進出のクラブが決定しています。クロアチアのディナモザグレブはハザル・レンコランと対戦。延長の末2試合合計:4-2で勝利しました。順当勝ちではありましたが苦しい試合でした。レンコランに延長に持ち込まれる苦しい展開でした。それでも延長でマンジュキッチとタディッチがゴールし勝利を手中にしたザグレブです。又ラトビアのベンツピルスがウェールズのニューセインツを2戦合計4-4ながらアウェー得点差でかわし2回戦進出を果たしました。2回戦では宮本、三都主両選手が所属するオーストリアのレッドブル・ザルツブルクとの対戦となりました。 

第1戦
7/17  Lenkoran (AZE) 1-1 Dinamo Zagreb (CRO)
7/17  APOEL (CYP) 2-0 BATE (BLR)
7/17  Olimpi Rustavi (GEO) 0-0 Astana (KAZ)
7/17  Zeta (MNE) 3-1 Kaunas (LTU)
7/17  Murata (SMR) 1-2 Tampere (FIN)
7/17  Linfield (NIR) 0-0 Elfsborg (SWE)
7/17  The New Saints (WAL) 3-2 Ventspils (LVA)

7/18  Sheriff(MDA) 2-0 Ranger's (AND)
7/18  Pobeda (MKD) 0-1 Levadia Tallinn (EST)
7/18  Dudelange (LUX) 1-2 MSK Zilina (SVK)
7/18  Derry (IRL) 0-0 Pyunik (ARM)
7/18  Marsaxlokk (MLT) 0-6 Sarajevo (BIH)
7/18  Domzale (SVN) 1-0 Tirana (ALB)
7/18  Hafnarfjordur (ISL) 4-1 HB (FAR)

第2戦
7/24 Dinamo Zagreb (CRO) 3-1(4-2) Lenkoran (AZE)
7/24 BATE (BLR) 3-0(3-2) APOEL (CYP)
7/24 Ranger's (AND) 0-3(0-5) Sheriff(MDA)
7/24 Astana (KAZ) 3-0(3-0) Olimpi Rustavi (GEO)
7/24 Kaunas (LTU) 3-2(4-5) Zeta (MNE)
7/24 Sarajevo (BIH) 3-1(9-1) Marsaxlokk (MLT)

7/25 HB (FAR) 0-0(1-4) Hafnarfjordur (ISL)
7/25 Ventspils (LVA) 2-1(4-4ag) The New Saints (WAL)
7/25 Levadia Tallinn (EST) 0-0(1-0) Pobeda (MKD)
7/25 Tampere (FIN) 2-0(4-1) Murata (SMR)
7/25 MSK Zilina (SVK) 5-4(7-5) Dudelange (LUX)
7/25 Elfsborg (SWE) 1-0(1-0) Linfield (NIR)
7/25 Pyunik (ARM) 2-0(2-0) Derry (IRL)
7/25 Tirana (ALB) 1-2(1-3) Domzale (SVN)


●2007-2008 チャンピオンズリーグ予選1、2回戦の組み合わせ抽選の結果 

決勝の熱戦がつい先日のように感じられますが、来月7月に早くも開幕する新シーズンの欧州チャンピオンズリーグの予選1-2回戦の組み合わせ抽選が6/29日にスイスのUEFA本部で行われました。予選1回戦は7月17、18日と同24、25日、予選2回戦は7月31日、8月1日と8月7、8日にホームアンドアウエー方式で行われる予定です。1-2回戦を勝ち抜くと3回戦から参加する18チームとともに、本戦のグループリーグ出場権獲得を目指す。

予選1回戦はまだまだ馴染みのクラブは少ないものの早くも欧州チャンピオンズリーグの火蓋が切って落とされます。全14試合の組み合わせが決定しています。予選2回戦からは宮本恒靖選手と三都主アレサンドロ選手が所属するオーストリアのザルツブルが出場します。対戦はTNS(ウェールズ)とベンツピルス(ラトビア)の勝者と対戦します。その他レンジャース、シャフタルドネツク、レッドスターといった中堅クラブの出場もあり激しい試合も予想されます。

【欧州チャンピオンズリーグ予選1回戦】

01> レンコラン(アゼルバイジャン) vs ディナモザグレブ(クロアチア)
02> アポエル(キプロス) vs BATE(ベラルーシ)
03> シェリフ(モルドバ) vs レンジャーズ(アンドラ)
04> ハフナーフヨルドゥール(アイスランド) vs HB(フェロー諸島)
05> TNS(ウェールズ)vs ベンツピルス(ラトビア)
06> ポベダ(マケドニア) vs レバディア(エストニア)
07> オリンピ(グルジア) vs アスタナ(カザフスタン)
08> ゼタ(モンテネグロ) vs カウナス(リトアニア)
09> タンペレ(フィンランド) vs ムラタ(サンマリノ)
10> デュドランジュ(ルクセンブルク) vs ジリナ(スロバキア)
11> リンフィールド(北アイルランド) vs エルフスボリ(スウェーデン)
12> デリー(アイルランド) vs ピュニク(アルメニア)
13> マルサシュロック(マルタ) vs サラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
14> ドムジャレ(スロベニア) vs ティラナ(アルバニア)

【欧州チャンピオンズリーグ予選2回戦】

(12>勝者) vs シャフタル(ウクライナ)
レッドスターベオグラード(セルビア)vs(6>の勝者)
レンジャーズ(スコットランド)vs(8>の勝者)
デブレツェニ(ハンガリー)vs(11>の勝者)
ザグウェンビエ(ポーランド)vs ステアウア(ルーマニア)
ゲンク(ベルギー)vs(13>の勝者)
(5>の勝者)vs ザルツブルク(オーストリア)
(7>の勝者)vs ローゼンボリ(ノルウェー)
(4>の勝者)vs (2>の勝者)
コペンハーゲン(デンマーク)vs ベイタル・エルサレム(イスラエル)
(10>の勝者)vs スラビア(チェコ)
(9>の勝者)vs レフスキ(ブルガリア)
(14>の勝者)vs (1>の勝者)
ベシクタシュ(トルコ)vs(3>の勝者)


●欧州CL2008年、2009年の決勝開催都市

2006年秋の総会で2008年と2009年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝の開催都市が既に決定しています。2008年がモスクワのルジニキ・スタジアム。2009年がローマのスタディオ・オリンピコで各々開催される予定です。

モスクワにあるルジニキスタジアムは1956年にオープン、セントラルレーニンスタジアムと呼ばれていた時代もありました。現在はFCトルペド・モスクワとFCスパルタク・モスクワの本拠地となっています。スタジアムは極寒の土地柄もあって全席が屋根付きキャパは8万5000人となっています。ピッチは人工芝を使っていますが2008年決勝戦は天然芝を張り替えて行われることになっています。

そして2009年の会場スタディオオリンピコは1960年ローマオリンピックのために建てられた歴史のある競技場です。その後何度か改修をされましたがイタリアオリンピック委員会のペトルッチ委員長はこのオリンピコの安全性を更に向上させるため2009年決勝までに約1672万ユーロ(約27億円)をかけて改修することを発表しました。今年2月に発生したセリエの暴動後もその安全性からすぐに観客有りで試合を再開出来たオリンピコでしたが、更に安全性を高めそして近代的なオリンピコの誕生も間近かです。

●欧州CL 2007-2008年シーズン出場クラブ

暫定的な出場チームをお知らせしておりましたが6月に入り全てのリーグが終了しました。これに伴い正式な出場クラブが決定しましたのでご案内致します。()内の表示は出場予定の各ラウンドです。

前年度優勝 ACミラン(グループリーグ)
スペイン/ レアル・マドリッド( グループリーグ)
スペイン/ バルセロナ(グループリーグ )
スペイン/ セビージャ(予選3回戦)
スペイン/ バレンシア(予選3回戦)
イタリア/ インテル(グループリーグ)
イタリア/ ASローマ(グループリーグ)
イタリア/ ラツィオ(予選3回戦)
イングランド/ マンチェスターユナイテッド(グループリーグ)
イングランド/ チェルシー(グループリーグ)
イングランド/ リバプール(予選3回戦)
イングランド/ アーセナル(予選3回戦)
フランス/ リヨン(グループリーグ)
フランス/ マルセイユ(グループリーグ)
フランス/ トゥールーズ(予選3回戦)
ドイツ/ シュツットガルト(グループリーグ)
ドイツ/ シャルケ04(グループリーグ)
ドイツ/ブレーメン( 予選3回戦)
ポルトガル/ FCポルト(グループリーグ)
ポルトガル/ スポルティング(グループリーグ)
ポルトガル/ ベンフィカ(予選3回戦)
オランダ/ PSV(グループリーグ)
オランダ/ アヤックス(予選3回戦)
ギリシャ/ オリンピアコス(グループリーグ)
ギリシャ/ AEKアテネ( 予選3回戦)
ロシア/ CSKAモスクワ(グループリーグ)
ロシア/ スパルタク・モスクワ(予選3回戦)
ルーマニア/ ディナモカレスト(予選3回戦)
ルーマニア/ ステアウア・ブカレスト(予選2回戦)
スコットランド/ セルティック(予選3回戦)
スコットランド/ レンジャーズ(予選2回戦)
ベルギー/ アンデルレヒト(予選3回戦)
ベルギー/ ゲンク(予選2回戦)
ウクライナ/ ディナモ・キエフ(予選3回戦)
ウクライナ/ シャフタール・ドネツク(予選2回戦)
チェコ/ スパルタ・プラハ(予選3回戦)
チェコ/SKスラビア・プラハ(予選2回戦)
トルコ/ フェネルバフチェ(予選3回戦)
トルコ/ ベシクタシュ(予選2回戦)
スイス/ FCチューリヒ(予選2回戦)
ブルガリア/ レフスキ・ソフィア(予選2回戦)
イスラエル/ ベイタル・エルサレム(予選2回戦)
ノルウェー/ ローゼンボリ(予選2回戦)
オーストリア/ ザルツブルク(予選2回戦)
セルビア/ ツルベナ・ズベズダ(予選2回戦)
ポーランド/ ザグウェンビエ・ルビン(予選2回戦)
デンマーク/ コペンハーゲン(予選1回戦)
ハンガリー/ デブレツェニ(予選1回戦)
クロアチア/ ディナモ・ザグレブ(予選1回戦)
スウェーデン/ エルフスボリ(予選1回戦)
スロバキア/ MSKジリナ(予選1回戦)
キプロス/ アポエル(予選1回戦)
スロベニア/ NKドムジャレ(予選1回戦)
ボスニアH/ FKサラエボ(予選1回戦)
フィンランド/ タンペレ・ユナイテッド(予選1回戦)
ラトビア/ FKベンツピルス(予選1回戦)
モルドバ/ FCシェリフ(予選1回戦)
グルジア/ オリンピ・ルスタビ(予選1回戦)
リトアニア/ FBKカウナス(予選1回戦)
マケドニア/ FKポベダ(予選1回戦)
アイスランド/ FHハフナーフョルドゥール(予選1回戦)
ベラルーシ/ BATEボリソフ(予選1回戦)
アイルラン/デリーシティーFC(予選1回戦)....シェルボーンは財政悪化で出場辞退で繰り上げ
アルバニア/ KFティラナ(予選1回戦)
アルメニア/ ピュニク(予選1回戦)
エストニア/ レバディア・タリン(予選1回戦)
マルタ/ マルサシュロック(予選1回戦)
ウェールズ /ザ・ニューセインツ(予選1回戦)
北アイルランド/ リンフィールド(予選1回戦)
アゼルバイジャン/ FKハザル・レンコラン(予選1回戦)
ルクセンブルク/ F91デュドランジュ(予選1回戦)
カザフスタン/ FKアスタナ(予選1回戦)
フェロー諸島/ HBトルシャブン(予選1回戦)
モンテネグロ/ FKゼタ(予選1回戦)
アンドラ/ レンジャーズ(予選1回戦)
サンマリノ/ SSムラタ(予選1回戦)


欧州CL2007-2008シーズン全日程

■組み合わせ抽選の日程

06/29 予選1-2回戦抽選
08/03 予選3回戦抽選
08/30 グループリーグ抽選
12/21 決勝トーナメント1回戦抽選
03/07→3/14 準々決勝・準決勝抽選 


■予選ラウンド

予選1回戦
第1戦 17-18 July 2007
第2戦 24-25 July 2007

予選2回戦
第1戦 31 July - 01 August 2007
第2戦 07-08 August 2007

予選3回戦
第1戦 14-15 August 2007
第2戦 28-29 August 2007

■グループステージ(グループリーグ)

第1節 18-19 September 2007
第2節 02-03 October 2007
第3節 23-24 October 2007
第4節 06-07 November 2007
第5節 27-28 November 2007

第6節 11-12 December 2007
(クラブワールドカップのため前季優勝クラブのグループは12/4に開催されます)

■ノックアウトラウンド(決勝トーナメント1回戦)

第1戦 19-20 February 2008
第2戦 04-05 March 2008

■Quarter-finals(準々決勝)

第1戦 01-02 April 2008
第2戦 08-09 April 2008

■Semi-finals(準決勝)

第1戦 22-23 April 2008
第2戦 29-30 April 2008

■Final(決勝)
21 May 2008 モスクワ

■2009-10年シーズン新方式へ

2007年11月にスイスで行われた総会で、今後も本戦は出場32チームを8組に分けた1次リーグの各組2位までの計16チームが決勝トーナメントへ進出するシステムを継続することを決定しました。水曜日に行われている決勝を土曜日開催へ変更することも決定しています。又出場32チームのうち自動的に本戦へ出場できるチーム数が16から22へ広がり、残る10チームについては2つの予選を経てきっていすることになります。5枠はUEFAランキング上位協会のチームで争われ、残り5枠はUEFAランキングの13位から最下位の53位の協会の国内リーグ王者に分配する運びです。中堅〜弱小国にとっては出場機会が拡大することとなりプラティニ会長の意向が反映されました。


◆お問い合わせ先

価格に関するお問い合わせ、その他のご質問等は下記までお問い合わせ下さい。
有限会社 ベルザキャット
〒270-2254 千葉県松戸市河原塚423-25
電話:047-701-8631(月〜金 13:00〜18:00)電話での見積もり請求は不可です。
電子メール:info@uefacl.com