/ HOME / 特定商取引法 / 購入の流れ / 無料見積もり / チケット価格 / 会社概要

<<<<<欧州CLスタジアム情報(アーセナル編)<<<<< 

 

スタジアム情報メインページへ

 

ハイバリーへ向かう

さてアーセナルはピカデリー線アーセナル駅が最寄り駅となります。ロンドン中心からも近くロンドンが初めての方にも分かりやすい立地となっています。普段は閑静な住宅街も試合の当日には多くのファンが集まるため大混雑となります。特に別行動で当日スタジアムの待ち合わせをと考えていらっしゃる方は多くの人が集中するので要注意です。試合の3時間くらい前でももうかなりのファンが集まっています。予めどこかで待ち合わせて連れ立って行かれる事をお勧めします。

 

出口を出て(上の写真)そのまま真直ぐ行けばWEST STAND側へ行きます。こちらはスタンドの入り口しかありません。駅を背にして出て先ず左へ行き右手方向の道に注意しているとすぐにゴール裏のノーススタンド、EAST STAND、そしてその先にはアーセナルショップがある道を見つける事が可能です。初めての方やショッピングをされる方は先ずこちら側を目指される方が良いでしょう。もちろんすぎに観戦だけしたいんだという方はご自身のチケットの場所を確認して直行して下さい。

アーセナルをどこで観戦するか?

Arsenalのスタジアム、ハイバリーの座席についてはショートサイド(North)の方が試合がよく見える、と言う人が結構います。それは古いスタジアムの中でもNorthは比較的新しく造られた観戦しやいスタンドになっているからです。スタンド裏もきれいで広く、小さいながらもグッズショップも入っていますし、試合後も飲めるスタンドバーもあります。ロングサイド(West、East)は古い造りのままで2階席が1階に深く低くかぶさっており、それを支える鉄柱やコンクリート柱が1階席の間に存在します。1階にはこの柱で視界を遮られる席がかなり多くあります。写真は先日の欧州チャンピオンズリーグアーセナル対バイエルンでのサイド部分からの観戦風景です。屋根が覆い被さり非常に見難くなっています。

さてお客様の中にはゴール裏は危ない等の意識をお持ちの方がいらっしゃいますが、ほとんどのどこのクラブでも同じなのですが、少々荒っぽい熱狂的なサポーターが集まるゴール裏はシーズンチケットホルダー席となっています。また暴力事件や騒動を起こしたサポーターに関しては永久追放とし、スタジアムへは入場出来ないという厳しい措置を取るプレミアですからその辺りも比較的安心して御覧頂ける理由となっています。セリエのように発煙筒が焚かれるということはありません。ロング部分(サイドライン)、ショート部分(ゴール裏)の選択はお好みにもよりますが、ハイバリーでは意外にもNorthスタンドはお奨めとなっています。ただ新しいスタジアムが建設中です。2006-2007年シーズンからはこの新スタジアム(エミレーツスタジアム)の非常に見やすい新本拠地がお披露目となることでしょう。

アーセナル博物館

日本にもアーセナルファンが本当にたくさんいますよね。しかしロンドンへは行く機会のないという方のために普段余り詳細な情報のないアーセナルミュージアムを先ずはご紹介します。もちろんこのミュージアムはハイバリー内にあります。予約なしのミュージアムへの入場は金曜日のみ可能です。スタジアムへ通じるゲートにはミュージアムチケットをショップで買えとの張り紙があり早速ちょっと先にあるアーセナルショップへ。そしてチケットを購入すればさあアーセナルミュージアムへいざ入場となります!15分毎にと看板にも、その他ガイドブック等にも書いてありますがそれ程人が多くない時期はそんな規則に全く関係なく、チケットを渡して自由に入場可能です。アーセナルファンには涙もの、ヨダレもののコレクションが所狭しと展示されています。写真は左上はアーセナルショップ、右がノースバンク入り口にある看板。左下は入場料金表、右が内部に展示されているユニフォームやペナントの数々です。

 

 

 

 

 

欧州チャンピオンズリーグチケット専門店

 


◆お問い合わせ先


価格に関するお問い合わせ、その他のご質問等は下記までお問い合わせ下さい。
有限会社 ベルザキャット
〒270-2254 千葉県松戸市河原塚423-25
電子メール:info@uefacl.com

千葉県公安委員会許可 第441070001676号
Copyright(C) 2000-2014 Bell The Cat Ltd.,Japan All right reserved.